大地の息吹と自然からの恩恵

​驚異のラドン浴療法

天然ラドンの低放射線が健康増進に役立つ

​・ホルモン分泌・免疫力に貢献

・強力な抗酸化作用

​・細胞の若返りで美容にも

​・低体温の方に貢献

・大量のマイナスイオンがお肌の潤いを保ちます

​ラドン浴療法の秘密
​​(玉川温泉・三朝温泉)

地盤であるラジウム鉱石が地中から噴出される温泉によって分解されることで、低線量の放射線ガスを発生させます。

これが「ラドンガス」です。

ラドンガスの微量放射線は、人体細胞を良好に刺激し、様々な健康効果を与える事が解っています。

ラドンガスは、大地が生み出す息吹として、人にとって有益な自然放射線なのです。

ラドン浴療法の秘密は、ラドンガスの微量放射線にあります。

​低放射線ガスであるラドンガスを体内に吸収することで、健康効果を得る事ができます。

​低放射線ホルミシスの概念​​

低放射線ホルミシスの概念は生体が放射線を浴びた場合、放射線量がゼロから増加していくと体や健康に良いとされる効果がしきい値まで現れます。

​それ以上に放射線を浴びると体に有害となるのです。

私たちの身の回りには、さまざまな放射線が存在し、地球の大地や普段食べている食品、空気中にも存在しています。

低放射線ホルミシスでは、様々な低放射線の中から特にラジウムが崩壊して生成されるラドンに着目し、生体へ​悪影響を及ぼすことが無い濃度で体や健康・美容など様々に良いとされる効果が話題となっております。

放射線ホルミシス効果を提唱した
トーマス・D・ラッキー博士
​Radon Plaster
​免疫生活本部
〒266-0033
​千葉県千葉市緑区おゆみ野南6-7-2
Tel: 043-300-4034  Fax:043-292-5042
Mail: mail@izuyama.com
Opening Hours : 9am - 6pm
Regular holiday : Every Wednesday
©2020 Created with Izuyama Construction Inc.